尺八の高価買取で評判の買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

店頭買取・出張買取・宅配買取の違いとは?和楽器を売るなら?

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/06/29

和楽器

家で使っていない和楽器は、店頭・出張・宅配で買取可能です。しかし、これらの方法は何が違うかわからない方も多いでしょう。そこで、店頭買取と出張買取、宅配買取の違いを解説し、それぞれのメリットとデメリットを説明します。和楽器の買取を検討されている方は、メリットとデメリットを踏まえたうえでどの方法をとるか参考にしてください。

店頭買取のメリット・デメリット

直接店に持ち込んで買取してもらう方法を、店頭買取といいます。その場で査定されて現金に交換されるため、今すぐ現金化したい方におすすめです。

店頭買取のメリット

店頭買取は現金化までのスピードが速いことがメリットです。店舗にもよりますが、査定が5分で終わることもあります。

また、特定のジャンルに特化していることが多い点も店頭買取のメリットです。

とくに和楽器であれば、一般的な不用品買取店よりも楽器に対する知識が豊富なため、楽器のブランドや状態をしっかりと確認したうえで適正な価格で取引してもらえます。

店頭買取のデメリット

店頭買取は、現金化までのスピードがほかの方法よりは早いですが、時間と手間がかかる点がデメリットです。

たとえば、近くに店舗がない場合、時間をかけて店舗まで足を運ぶ必要があります。そこで希望よりも低い金額が提示されれば、時間と手間を浪費してしまったと残念に思う方も多いでしょう。

仕事や家事・育児で忙しい方も貴重な時間が無駄になったと、後悔してしまうかもしれません。

出張買取のメリット・デメリット

出張買取とは、買取業者が家に訪問して査定し買取する方法です。店頭まで行かずに現物を目の前で確認してくれます。

出張買取のメリット

出張買取は、店舗まで行く必要がないこと、目の前で査定してくれることがメリットです。店頭まで運ぶ必要がないため、和太鼓のように大きくて自力で動かせない物におすすめでしょう。

大きな楽器は運搬中の振動や事故で傷がついたり破損する可能性もあり、価値が下がってしまうこともあります。

しかし、出張買取であればそうした心配がいりません。

出張買取のデメリット

買取業者が自宅まで訪問してくれるのはメリットではありますが、提示された金額が希望より低い場合、目の前にいるため、断りづらいこともあります。気にせず断れるのであれば問題はありませんが、性格的に断りづらい方であれば、出張買取を利用するのは向いていないかもしれません。

宅配買取のメリット・デメリット

不用品を梱包して発送し、査定と買取をしてもらう方法が宅配買取です。宅配買取を利用する際は、買取業者に申し込みをして、送られてきた段ボールに不用品を梱包します。

梱包材や送料は無料の場合が多いため、手数料などを気にする必要はありません。

宅配買取のメリット

宅配買取のメリットは、都合のよい時間に発送できることや、だれにも知られることなく不用品を買取してもらえる点です。

店舗買取や出張買取は予定を空けておく必要がありますが、宅配買取であれば自分の都合に合わせて発送できます。

宅配買取のデメリット

宅配買取は自分で梱包して発送するため、梱包がきちんとできていなければ運搬中に破損することもあります。

また、紛失する可能性があるのもデメリットです。こうした運搬中の破損や紛失は、責任を取ってもらうことが難しいケースが多いでしょう。運送保険が掛けられているケースも多いですが、上限が30万円のためそれ以上の価値があればマイナスになってしまいます。

和楽器を売るならどの買取方法がよい?

専門性が高い買取業者への依頼を前提として、和楽器の買取は、出張買取がおすすめです。

和楽器は中国骨董ブームの影響や外国人向け和楽器体験プログラムの急増により、需要が高まっています。そのため、適正な価格での取引や運搬中のリスクを減らす方法で買取してもらうのがおすすめです。

出張買取の流れ

自宅まで出張して買取してもらう場合、まずは申し込みを行います。買取業者の公式サイトからできることがほとんどのため、いくつか業者を絞って申し込みましょう。

申し込みの際は、何点か楽器の写真を添付して送り、写真の確認後に査定と概算買取額が算出されます。この時点で希望する金額に近ければ、訪問を依頼してもよいですが、もし希望よりも低い金額で取引を考え直したい場合は、買取を中止してもらうことも大切です。

訪問が確定すれば買取業者が自宅まで訪問し、その場で現金化して商品を回収して帰ってくれます。このとき、出張費は無料のことが多いです。

しかし、出張エリア外の場合は出張買取ができなかったり、手数料がかかる可能性もあります。出張にかかる手数料を無料にしたいのであれば、出張エリアに該当するか確認したうえで申し込みましょう。

まとめ

店頭買取・出張買取・宅配買取の違いとメリット・デメリットを解説しました。店頭買取は店舗まで訪問し、出張買取は買取業者が自宅まで訪問、宅配買取は商品を発送して買取してもらう方法です。和楽器の買取を希望であれば、運搬リスクの少ない出張買取がよいでしょう。大切な楽器を希望する価格で買取してもらいたいのであれば、運搬中のリスクを減らして価値を維持したまま査定してもらえる、出張買取を検討してはいかがでしょうか。

 

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
尺八は、日本の伝統楽器です。その美しい音色と深い歴史に魅了される方も多いことでしょう。本記事では、尺八のさまざまな側面を解き明かします。琴古流と都山流の違い、竹と木、歴史と音楽、多彩な要素が
続きを読む
投稿日 2024.01.15
和楽器の「吹きもの」は、日本の伝統音楽に欠かせない重要な楽器群です。これらの楽器は、風を吹き込むことで美しい音色を奏でる特徴があります。本記事では、代表的な「吹きもの」の種類とその魅力につい
続きを読む
投稿日 2023.12.15
和楽器の魅力は、その独特な音色と伝統的な響きにあります。この記事では、和楽器の歴史や魅力に迫りながら、現代における和楽器の音楽教室についても解説します。あなたもその魅力的な響きに触れ、和楽器
続きを読む
投稿日 2023.11.15
尺八は非常に奥深い日本の伝統楽器のひとつです。しかし、尺八をマスターするのは容易ではありません。今回はなぜ尺八が学びにくいのか、その難しさに焦点を当てながら、初心者におすすめの他の和楽器もご
続きを読む
投稿日 2023.10.15
家で使っていない和楽器は、店頭・出張・宅配で買取可能です。しかし、これらの方法は何が違うかわからない方も多いでしょう。そこで、店頭買取と出張買取、宅配買取の違いを解説し、それぞれのメリットと
続きを読む
投稿日 2023.09.15
現在も演奏されている、龍笛という美しい和楽器をご存知でしょうか。龍笛は篠笛の先祖といわれるほど、長い歴史をもつ伝統的な楽器です。今回の記事では、龍笛とはどんな楽器なのか、そして、龍笛を高く売
続きを読む
投稿日 2023.08.15
音楽のことはあまり知らないけれど、和楽器の演奏を耳にしたことがある方も多いはずです。日本には和楽器の種類が豊富にあり、昔から人々に親しまれてきました。技術と伝統は受け継がれて、現在でもさまざ
続きを読む
投稿日 2023.07.15
和楽器のなかでは小ぶりながらも、独特の響きが美しい篳篥ですが、一体どのような楽器なのでしょうか。また、篳篥を売りたいと考えている方にとって、気になるのは和楽器買取専門店での買取が可能かどうか
続きを読む
投稿日 2023.06.15
笙とはどのような楽器かご存じでしょうか。笙は、雅楽で使用される伝統的な日本の和楽器のひとつです。尺八とは異なる独特の形状をしている楽器であり、音の出し方も異なります。この記事では、笙について
続きを読む
投稿日 2023.05.15
篠笛は、祭りなどでよく使われる竹で作られた笛です。構造や使用される機会などにおいて、尺八とは異なります。モデルによっては高額買取が期待できるため、高く売るコツを覚えておきましょう。この記事で
続きを読む