尺八の高価買取で評判の買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

尺八の音の出し方とは?基本的な吹き方のポイントについて学ぼう!

公開日:2021/06/01  最終更新日:2021/06/16


尺八は若い世代が弾く楽器ではないと思われがちです。近年では後継者不足から、さまざまな取り組みが行われて、若い世代からも親しまれるようになりました。『始めてみたいけど難しそう』、『どうやって音を出すの?』と悩んでいる人も多いと思います。この記事では、尺八の音の出し方とは?基本的な吹き方のポイントについて紹介しましょう。

尺八の運指についてのポイント

尺八を吹くためには、運指(ゆびつかい)をマスターしましょう。正しい運指は心地よい音を出すために重要です、

尺八の持ち方

基本の持ち方は右手下、左手上です。下管の第一孔と第二孔の間に右手の中指、その裏側には親指を置いて挟みます。上官の第三孔と第四孔に左手の中指を置き、裏側に親指を置いて挟んでください。

第一孔:右手薬指
第二孔:右手人差し指
第三孔:左手薬指
第四孔:左手人差し指
第五孔:左手の親指をずらして塞ぐ

持つ時には、両方の指の関節を曲げ過ぎないように気をつけましょう。

運指のポイント

尺八を持つときに、両手の関節を曲げすぎてしまうと不安定になります。さらに指に力を入れて、つまむようにしなければ支えられません。指が力んでいるとスムーズな演奏ができなくなるので、力み過ぎには注意しましょう。『右手が痛い』場合は力が入りすぎている、指の当て方が悪いなど原因の可能性があります。

親指は柔らかい部分で押さえないと痛くなるそうです。必ず腹の部分で押さえるようにしましょう。親指の横の部分は接触面積が少なく、圧が高くなってしまいます。指が痛くなるだけでなく、第五孔を上手く塞げなくなるので、親指と尺八の設置面は平衡を保ちましょう。

吹く時に指が動かない時はどうしたらいいの?

始めたばかりの時には、上手く指を動かすことができません。無理に動かそうとすると、力みが入ってしまい、動きもぎこちなくなります。吹く時に指が上手く動かない時は、まず体に動きを覚えさせましょう。体が慣れてくれば指の動きも滑らかになります。吹く時には必要以上に脇を広げないように、肩や脇に力が入らないようにしながら練習しましょう。

尺八の音の出し方

尺八の音は簡単には出ません。初めて演奏する人の中には、これまで出せなかった音が出るようになり魅力を感じるようになる人も多いようです。尺八の音の出し方を紹介します。

口元への当て方と唇の形

口元への尺八の当て方は閉じた唇に歌口の淵を合わせます。この状態から管尻を下げて、尺八を立てましょう。目安として胴体から40度ほど起こした状態です。唇と歌口は近すぎても、遠すぎても上手く吹くことはできません。息を吹き込んだ時に歌口の溝の内側と外側にわかれるように、丁度よい距離、角度を探ってみましょう。

音が小さい(出ない)

・練習しても音が出ない
・音が小さい

この場合には唇の当て方、唇の形が悪い可能性があります。唇は下の部分を尺八にセットしましょう。上過ぎても下過ぎても音は出にくいようです。

・力の入れすぎ
・前に突き出した状態
・引きすぎる

このような状態では、唇のコントロールができません。口を閉じて唇と歯に少しだけ隙間を作りましょう。息を『フー』と出すように、強すぎないようにしてください。

甲音の出し方やポイント

甲音とは高い音のことで、高音は出しにくく難しいとされています。甲音を出すコツは、吐く息の量や強さはそのままに保ちましょう。唇の隙間を狭めて気道を細くしてください。唇だけでなく、気道を意識して高い声を出す時のような感覚で吹きましょう。そうすることで高い音を出すコツを掴めます。

尺八の楽譜の読み方についても知っておこう!

吹けるようになったら演奏してみたいですね。楽譜を見ながら練習する人がほとんどだと思うので、楽譜が読めなければ練習もできません。尺八の楽譜は流派によって異なり、運指をカタカナに置き換えて表記します。

琴古流:ロ・ツ・レ・チ・リ
都山流:ロ・ツ・レ・チ・ハ

流派は大きく分けると『琴古流』『都山流』があるようです。同じ曲であっても、書き方やフレーズが変わってきます。

琴古流の楽譜の読み方

楽譜は縦書きで、琴古流は音の左右に点が書かれています。右の点は『表』拍子、左の点は『裏』拍子です。この点でリズムをとっていきます。また、真ん中に縦線も入っているようです。一本線は八分音符、二本線は十六分音符となるように、五線譜でいえば歌のような意味があります。

都山流の楽譜の読み方

都山流の音程はカタカナのような記号で書かれています。楽譜を見ると大きさがバラバラで、小さなもの、大きなものがあるようです。文字によっては区別が付けにくいものもありますが、これは大きさで高さを表しています。音の長さは左側の縦線で表しているのです。『甲』、『乙』の文字で1オクターブ下の音なのか、下の音なのかを表しています。

 

尺八の音の出し方とは?基本的な吹き方のポイントについて紹介しました。音を出すのが難しいといわれている尺八ですが、コツを掴めば音を出せます。あまり力まずに力を抜いて演奏したいですね。楽譜は流派によって読み方が変わります。同じ曲でも読み方が違ってくるので注意しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
尺八は、日本の伝統楽器です。その美しい音色と深い歴史に魅了される方も多いことでしょう。本記事では、尺八のさまざまな側面を解き明かします。琴古流と都山流の違い、竹と木、歴史と音楽、多彩な要素が
続きを読む
投稿日 2024.01.15
和楽器の「吹きもの」は、日本の伝統音楽に欠かせない重要な楽器群です。これらの楽器は、風を吹き込むことで美しい音色を奏でる特徴があります。本記事では、代表的な「吹きもの」の種類とその魅力につい
続きを読む
投稿日 2023.12.15
和楽器の魅力は、その独特な音色と伝統的な響きにあります。この記事では、和楽器の歴史や魅力に迫りながら、現代における和楽器の音楽教室についても解説します。あなたもその魅力的な響きに触れ、和楽器
続きを読む
投稿日 2023.11.15
尺八は非常に奥深い日本の伝統楽器のひとつです。しかし、尺八をマスターするのは容易ではありません。今回はなぜ尺八が学びにくいのか、その難しさに焦点を当てながら、初心者におすすめの他の和楽器もご
続きを読む
投稿日 2023.10.15
家で使っていない和楽器は、店頭・出張・宅配で買取可能です。しかし、これらの方法は何が違うかわからない方も多いでしょう。そこで、店頭買取と出張買取、宅配買取の違いを解説し、それぞれのメリットと
続きを読む
投稿日 2023.09.15
現在も演奏されている、龍笛という美しい和楽器をご存知でしょうか。龍笛は篠笛の先祖といわれるほど、長い歴史をもつ伝統的な楽器です。今回の記事では、龍笛とはどんな楽器なのか、そして、龍笛を高く売
続きを読む
投稿日 2023.08.15
音楽のことはあまり知らないけれど、和楽器の演奏を耳にしたことがある方も多いはずです。日本には和楽器の種類が豊富にあり、昔から人々に親しまれてきました。技術と伝統は受け継がれて、現在でもさまざ
続きを読む
投稿日 2023.07.15
和楽器のなかでは小ぶりながらも、独特の響きが美しい篳篥ですが、一体どのような楽器なのでしょうか。また、篳篥を売りたいと考えている方にとって、気になるのは和楽器買取専門店での買取が可能かどうか
続きを読む
投稿日 2023.06.15
笙とはどのような楽器かご存じでしょうか。笙は、雅楽で使用される伝統的な日本の和楽器のひとつです。尺八とは異なる独特の形状をしている楽器であり、音の出し方も異なります。この記事では、笙について
続きを読む
投稿日 2023.05.15
篠笛は、祭りなどでよく使われる竹で作られた笛です。構造や使用される機会などにおいて、尺八とは異なります。モデルによっては高額買取が期待できるため、高く売るコツを覚えておきましょう。この記事で
続きを読む