尺八の高価買取で評判の買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

尺八を高く買取してもらうためには?工夫して高額査定につなげよう!

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/10/08

艶やかな美しい音色を持つ尺八は、演奏家の間で評価が高いことはもちろん、近年では伝統工芸品としても注目を集めている和楽器です。そのため、不要になった場合には高価買取を期待できるという側面も持っています。では尺八をより高く買取してもらうためにはどんな方法があるのでしょうか。今回は尺八の買取について、詳しく解説していきます。

尺八を高く売るためには?

尺八を高額査定してもらうためのコツは大きく分けて3つあります。1つずつ見て行きましょう。

よいコンディションで売却する

尺八を高額査定してもらうために最も重要な点は、買取してもらう尺八のコンディションがよいかどうかです。尺八のコンディションには「外部」と「内部」の2種類があります。

はじめに、外部については伝統工芸品としても注目を集める和楽器として外せない部分です。尺八は竹を加工して作られているため、たとえばエアコンの風が直接当たる場所で保管をしたり、ホットカーペットの上に置いておいたりすると、温度変化に耐えられず割れてしまったりヒビが入ってしまったりする恐れがあります。

オリーブオイル、椿油、クルミ油などの油を馴染ませることで保湿を行いつつ、極端に高温になる場所や直射日光・エアコンの風が直接当たる場所を避けて保管をすることが大切です。

次に内部に関して、こちらはきちんと演奏ができる状態であるかどうかという部分で査定金額に影響します。たとえば音を出すうえで非常に重要な「歌口」は、尺八の中でも薄くて欠けやすい箇所です。軽くぶつけてしまうだけでも割れてしまうことがあるほど繊細なため、日頃からキャップを装着して破損を防止する必要があります。

また、中継ぎの「ホゾ」部分は尺八の上管・下管を分割することを繰り返すうちに塗られている漆が摩耗し緩みが生じる箇所です。酷い場合には演奏中に上管・下管がずれてしまう、息漏れが起きてしまうなどといったことで演奏に支障をきたします。分割する頻度を抑えたり、ホゾ部分にグリスを塗ったりすることで、ある程度の摩耗は防ぐことができるため注意をするとよいでしょう。

ところで、もしかすると買取してもらうことを考えた際には既に尺八のコンディションが悪いということもあるかもしれません。尺八は職人に依頼をすることで修理が可能な楽器なため、多少の傷みであれば買取をしてもらえる可能性があります

よいコンディションの尺八と比較すれば買取価格は劣るかもしれませんが、物によっては意外にも高額査定をしてもらえるかもしれません。尺八のコンディションが悪い場合でも、あきらめずに一度査定をしてもらうとよいでしょう。

付属品と一緒に売却する

尺八を買取してもらう際には付属品を忘れないようにすることが大切です。「尺八袋」「歌口キャップ」などの保管に使う附属品や、「グリス」「露きり」のようなメンテナンスに使う附属品を一緒に買取してもらうことにより、セット販売が可能な品物として高額査定につながる可能性があります

複数のショップに問い合わせる

尺八を高額査定してもらうためには、複数のショップに問い合わせることもコツの1つです。ショップによって買取の金額は異なるため、一方のショップでは余りよい値段にならなかったという場合でも、一方のショップでは高額査定となる可能性もあります。

尺八の買取相場の目安

尺八の買取価格の相場は、流派や作家によって変動します。そのため、流派や作家がまったくわからない尺八は、造りや素材に目立った箇所がない場合には500円~1,000円程度と低額査定になってしまう恐れがあるでしょう。

一方、「都山流」や「琴古流」といった有名な流派であれば、初心者向けの尺八であっても1万円前後、銘入りであったり中継ぎが高価な仕様であったりする場合には物によっては4万5,000円前後の高額査定を期待することも可能です。

また、尺八の有名作家である「河野玉水」の尺八や、一本の竹を切断せずに使用する延管の尺八などでは、コンディションやサイズによっては6万円~15万円という高値がつく場合もあるでしょう。

尺八の相場は流派や作家によって大きく異なります。大体いくらで買取をしてもらえるのかが気になるという方は、買取してもらいたい尺八の流派や作家、仕様について一度確認をしてみることをオススメします。

尺八の買取方法の種類

尺八を買取してもらいたい場合に頼れるショップとして代表的なものは「和楽器専門ショップ」もしくは「骨董品ショップ」です。もちろん買取サービスを行っているショップでなければ買取はできないため注意しましょう。

ところで、出張買取や宅配買取ではなく直接ショップまで尺八を持って行きたいという場合には近隣に和楽器専門ショップや骨董品ショップが見当たらないということも考えられます。そんな時にはリサイクルショップを訪ねてみるのも1つの方法です。

近年、和楽器や伝統工芸品への関心が高まっていることから、特化型ではないリサイクルショップでも尺八の買取をしてもらえる可能性があります。参考にしてみてください。

 

今回は尺八の買取について、詳しく解説しました。コンディションや流派、作者によっては高額査定が期待できる尺八。和楽器専門ショップや骨董品ショップ以外にも、リサイクルショップで買取をしてもらえる可能性があるため、不要な尺八があるという場合には一度査定をしてみてもらってはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
尺八は、日本の伝統楽器です。その美しい音色と深い歴史に魅了される方も多いことでしょう。本記事では、尺八のさまざまな側面を解き明かします。琴古流と都山流の違い、竹と木、歴史と音楽、多彩な要素が
続きを読む
投稿日 2024.01.15
和楽器の「吹きもの」は、日本の伝統音楽に欠かせない重要な楽器群です。これらの楽器は、風を吹き込むことで美しい音色を奏でる特徴があります。本記事では、代表的な「吹きもの」の種類とその魅力につい
続きを読む
投稿日 2023.12.15
和楽器の魅力は、その独特な音色と伝統的な響きにあります。この記事では、和楽器の歴史や魅力に迫りながら、現代における和楽器の音楽教室についても解説します。あなたもその魅力的な響きに触れ、和楽器
続きを読む
投稿日 2023.11.15
尺八は非常に奥深い日本の伝統楽器のひとつです。しかし、尺八をマスターするのは容易ではありません。今回はなぜ尺八が学びにくいのか、その難しさに焦点を当てながら、初心者におすすめの他の和楽器もご
続きを読む
投稿日 2023.10.15
家で使っていない和楽器は、店頭・出張・宅配で買取可能です。しかし、これらの方法は何が違うかわからない方も多いでしょう。そこで、店頭買取と出張買取、宅配買取の違いを解説し、それぞれのメリットと
続きを読む
投稿日 2023.09.15
現在も演奏されている、龍笛という美しい和楽器をご存知でしょうか。龍笛は篠笛の先祖といわれるほど、長い歴史をもつ伝統的な楽器です。今回の記事では、龍笛とはどんな楽器なのか、そして、龍笛を高く売
続きを読む
投稿日 2023.08.15
音楽のことはあまり知らないけれど、和楽器の演奏を耳にしたことがある方も多いはずです。日本には和楽器の種類が豊富にあり、昔から人々に親しまれてきました。技術と伝統は受け継がれて、現在でもさまざ
続きを読む
投稿日 2023.07.15
和楽器のなかでは小ぶりながらも、独特の響きが美しい篳篥ですが、一体どのような楽器なのでしょうか。また、篳篥を売りたいと考えている方にとって、気になるのは和楽器買取専門店での買取が可能かどうか
続きを読む
投稿日 2023.06.15
笙とはどのような楽器かご存じでしょうか。笙は、雅楽で使用される伝統的な日本の和楽器のひとつです。尺八とは異なる独特の形状をしている楽器であり、音の出し方も異なります。この記事では、笙について
続きを読む
投稿日 2023.05.15
篠笛は、祭りなどでよく使われる竹で作られた笛です。構造や使用される機会などにおいて、尺八とは異なります。モデルによっては高額買取が期待できるため、高く売るコツを覚えておきましょう。この記事で
続きを読む