尺八の高価買取で評判の買取業者ランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

壊れてしまった尺八…処分するにはどうしたらよい?買取は可能なのか

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/17


尺八の音が出ず、壊れてしまった。しかし、一般的なゴミとは違い、楽器である尺八を処分する方法はご存知でしょうか?まず悩む点としては、可燃ゴミなのか不燃ゴミなのか、または粗大ゴミという扱いになるのか。そして、買取はできるのか。この記事ではそういった疑問に答え、壊れてしまった尺八の処分方法について詳しく説明しています。

尺八は燃えるゴミ?それとも粗大ゴミ?

状態がよくなく、どこにも買い取ってもらえない和楽器は、廃棄処分という形になります。サイズの小さいものは材質によっては可燃ゴミ、または不燃ゴミとして出せる一方、サイズの大きなものは粗大ゴミとして扱われます。専用のケースや袋といった、布や木、皮などでつくられている備品に関しては燃えるゴミになります。

では、壊れた尺八の処分方法にスポットを当ててみましょう。扱いに悩んでしまう人は多いと思いますが、尺八は燃えるゴミとして扱う自治体が多いようです。

50センチ以上の大きい尺八に至っては、粗大ゴミになる可能性があります。サイズに左右されますので、持っている尺八のサイズをチェックし、燃えるゴミになるのか粗大ゴミになるのかを判断しましょう。

廃棄処分は最終手段

壊れた尺八は燃えるゴミとして処分するケースが多いですが、サイズが大きいものだと粗大ゴミ扱いになると理解できたと思います。けれども、捨てるのはちょっと待ってください。

もし、持っている尺八を粗大ゴミと判断した場合、日本では処分費用が必要になります。自治体によっては金額に多少の差はありますが、粗大ゴミとして廃棄する場合は、捨てる側がお金を支払わなければいけないのです。大きなゴミを捨てられ、すっきりする点は粗大ゴミ回収のメリットといえますが、費用がかかってしまう点は大きなデメリットといえるでしょう。不用品は、自治体ごとに定められているルールを守り、ルールに従って出すだけで簡単に捨てられます。捨てること自体は簡単にできるのですから、廃棄処分は最終手段だと考えてみてはいかがでしょうか。

廃棄するのではなく「売る」という選択肢をまずは検討してみてください。廃棄という選択肢を選ぶときは、買取店でも値段がつかず、処分に困ったときだけ。ゴミとして捨てるのではなく、不用品をお金に換えるという考え方を常に持つように心がけるとよいでしょう。

買い取れなくても引き取ってくれるところがある

「売る」という選択肢も視野に入れてみたけれど、持っている尺八は状態も悪く、音も出ず、完全に壊れているもの。音が出ない楽器はほとんど価値がありません。どの買取店に持ちこんでも引き取ってくれないのではないかと思う人も多いでしょう。

しかし、たとえ値段がつかず、買取できない楽器であっても、業者によっては無料で引き取ってくれるところがあるのです。なぜ無料で引き取ってもらえるのか、その理由をわかりやすくお伝えします。

修理や修繕を行い再販できるから

無料で引き取ってくれる業者のほとんどは、自社で修理や修繕を行える高いスキルやノウハウを持っています。再販ルートに関しても、国内だけでなく世界中にあるケースが多いので、修理した楽器を広く展開することが可能なのです。買取側からすると、壊れた楽器にも価値がある。修理することは必要ですが、無料で引き取れるのであれば利益になることを見こんでいるからです。修理できるスキルやノウハウを持っている業者ですから、楽器を見極める力がある、優良な業者だと考えられます。

和楽器には価値が高いものも多くあるから

尺八は、日本の伝統的な和楽器。和楽器の中には、価値が高いものもたくさんあります。古い時代の和楽器の中には、有名な名人によってつくられたもの、骨とう品レベルのものも見つかる場合があります。古い和楽器だとやはり傷や汚れがあったり、不具合があったりすることも多いですが、楽器のプロが在籍している専門店であれば修理が可能なため、状態が悪くても引き取ってくれるのです。楽器の種類によっては今では手に入らないものもあり、パーツを部品として使用するケースもあるようです。

尺八の持ちこみ先としてやはりおすすめなのは、楽器に特化した買取専門店だといえるでしょう。楽器に関する深い知識を持っているので、的確な査定をしてもらえます。また、SNSやフリマアプリなどを使って譲ってほしい人を探してみるのもおすすめ。和楽器は価値が高いものも多いので、たとえ壊れてしまっていたとしても無料や安い金額で譲ってもらいたいという人がいる可能性があるからです。なお、無料で譲る場合でも、梱包や発送の手間がかかったり、送料がかかったりするので、どちらが送料を負担するかを事前に決めておくと取引がスムーズに進むでしょう。

まとめ

壊れてしまった尺八の処分方法は、燃えるゴミや粗大ゴミに出すという方法が一般的です。しかし、粗大ゴミとして処分する場合は処分費用がかかってしまうというデメリットがあるので、まずは「売る」という選択肢を考えてください。楽器に関しては、買取できなくても、修理や修繕を行い再販できるため、無料で引き取っているところもあります。処分費用を支払うより、買取専門店などにいちど依頼してみてはいかがでしょうか。和楽器は価値が高いものも多く、引き取ってもらえる可能性は大いにあるといえます。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

投稿日 2024.02.15
尺八は、日本の伝統楽器です。その美しい音色と深い歴史に魅了される方も多いことでしょう。本記事では、尺八のさまざまな側面を解き明かします。琴古流と都山流の違い、竹と木、歴史と音楽、多彩な要素が
続きを読む
投稿日 2024.01.15
和楽器の「吹きもの」は、日本の伝統音楽に欠かせない重要な楽器群です。これらの楽器は、風を吹き込むことで美しい音色を奏でる特徴があります。本記事では、代表的な「吹きもの」の種類とその魅力につい
続きを読む
投稿日 2023.12.15
和楽器の魅力は、その独特な音色と伝統的な響きにあります。この記事では、和楽器の歴史や魅力に迫りながら、現代における和楽器の音楽教室についても解説します。あなたもその魅力的な響きに触れ、和楽器
続きを読む
投稿日 2023.11.15
尺八は非常に奥深い日本の伝統楽器のひとつです。しかし、尺八をマスターするのは容易ではありません。今回はなぜ尺八が学びにくいのか、その難しさに焦点を当てながら、初心者におすすめの他の和楽器もご
続きを読む
投稿日 2023.10.15
家で使っていない和楽器は、店頭・出張・宅配で買取可能です。しかし、これらの方法は何が違うかわからない方も多いでしょう。そこで、店頭買取と出張買取、宅配買取の違いを解説し、それぞれのメリットと
続きを読む
投稿日 2023.09.15
現在も演奏されている、龍笛という美しい和楽器をご存知でしょうか。龍笛は篠笛の先祖といわれるほど、長い歴史をもつ伝統的な楽器です。今回の記事では、龍笛とはどんな楽器なのか、そして、龍笛を高く売
続きを読む
投稿日 2023.08.15
音楽のことはあまり知らないけれど、和楽器の演奏を耳にしたことがある方も多いはずです。日本には和楽器の種類が豊富にあり、昔から人々に親しまれてきました。技術と伝統は受け継がれて、現在でもさまざ
続きを読む
投稿日 2023.07.15
和楽器のなかでは小ぶりながらも、独特の響きが美しい篳篥ですが、一体どのような楽器なのでしょうか。また、篳篥を売りたいと考えている方にとって、気になるのは和楽器買取専門店での買取が可能かどうか
続きを読む
投稿日 2023.06.15
笙とはどのような楽器かご存じでしょうか。笙は、雅楽で使用される伝統的な日本の和楽器のひとつです。尺八とは異なる独特の形状をしている楽器であり、音の出し方も異なります。この記事では、笙について
続きを読む
投稿日 2023.05.15
篠笛は、祭りなどでよく使われる竹で作られた笛です。構造や使用される機会などにおいて、尺八とは異なります。モデルによっては高額買取が期待できるため、高く売るコツを覚えておきましょう。この記事で
続きを読む